WORKS設計・デザインの実績

< WORKS

写真:「家具による境界線」みどりえ 祐天寺店

Introduction

設計要件をまとめると…

  • オーガニックのデリとそれを食べられるカフェの設計

Concept

「家具による境界線」

写真:みどりえ 祐天寺店

店舗自体は10坪ですが、ほぼ同じ面積の軒下+植栽エリアも占有部分として使える与条件だったので、そちらに対してはオープンな造りとし店内まで気軽に足を運んでもらうとともに、南側・西側は隣地や駐車場が迫っているため、程よく閉じる必要性もありました。

そこで軒下方向へは、店内と地続きのデッキやお客さんが背を向けない客席の配置(カウンター)、またアルミサッシュの構成を変え、よりオープンな開口部(出入口)としています。

南側・西側方向へはベンチの背もたれをH=1300mmとすることで、着座したお客さんは外部から見えなくなり、立っている店員からは外の様子が分かる高さ設定に。

カウンターやベンチ・テーブル・建具といったモノたちに、建築における「境界」の役割を兼ねさせることにより、より柔らかな内と外の関係性をつくることを目指しました。

Photo

  • 写真:みどりえ 祐天寺店1
  • 写真:みどりえ 祐天寺店2
  • 写真:みどりえ 祐天寺店3
  • 写真:みどりえ 祐天寺店4
  • 写真:みどりえ 祐天寺店5
  • 写真:みどりえ 祐天寺店6
  • 写真:みどりえ 祐天寺店3
  • 写真:みどりえ 祐天寺店4
  • 写真:みどりえ 祐天寺店5
  • 写真:みどりえ 祐天寺店6

Data

  • 用途:飲食店舗
  • 敷地:東京都目黒区祐天寺
  • 面積:35.23m²
  • 施工:シグマテック
  • 竣工:2016年6月
  • 撮影:畑 拓
  • 設計:双木 洋介